232 わかりやすい定義とは 232 わかりやすい定義とは



小学生向けの辞書が売れている
という記事を最近読みました。


子供のうちから、辞書をひいて、
言葉の意味を調べる習慣をつけられたなら、
本を読んだり、勉強をしていくなかで
わからなくなって投げ出してしまうことが、
大幅に少なくなるでしょう。


ただし、子供を辞書好きになるよう
し向けていくために、
注意しなくてはいけないことが
いくつかあります。


装丁が親しみやすかったり、
わかりやすそうに見えるからといって、
よい辞書とは限りません。


辞書で重要なのは、
言葉の定義が、
わかりやすく書かれていることです。


では、わかりやすい
さらに言えば、こどもにもわかるくらい
わかりやすい定義とはどういったものなのでしょうか?


というわけで、
ほこりだらけの部屋。
どろだらけのくつ。

とのように使う「だらけ」
をいくつかの辞書で調べてみました。


   だらけ:「・・・ばかり。」


これでは、また「ばかり」を調べる必要がでてきます。
それに、


   くつがどろばかり。


とは、言わないし、

   どろだらけ。

とは意味が違ってきます。


   だらけ:「そのものがいっぱいあること。
        またそのものにまみれていること。」


先ほどのものよりはきちんと説明されていますが、
人によっては「まみれる」を再度調べる必要がありそうです。

またべつの辞書。


   だらけ:「やたらにあること。まみれること。」


「やたら」「まみれる」が子供には難しいかもしれません。


子供向け、小学生向けとして
比較的、定義がきちんとなされているので、
おすすめしている

  下村式 小学国語学習辞典

では、


   だらけ:「ほかのことばのあとにつけて、
        そのものがとてもたくさんあるようす
        をあらわすことば。」


幼児向けで、おすすめの

  小学館 ことばのえじてん

では、


    だらけ:「いやに なるくらい なにかが いっぱい ある ようす。」




とありました。

最後の2つの辞書、
やさしい言葉だけを使って、
わかりやすく、しかも、
正確に定義されているのではないでしょうか。

   




滅びた動物
殿堂入り まぐまぐ殿堂入りメールマガジン

勉強ができないのは、やり方を知らないからだ!勉強ができないのは、やり方を知らないからだ!

記憶しただけで、わかっていると思いこむ。
わかってると思って、それ以上学ばない。
それで、結局実践できるまでにならない。
数々の壁を通り抜け、
何かを理解して実践するための勉強法。

まぐまぐさんより配信。無料。
メールアドレス:
taku150.jpg(32447 byte) 運営者 村田拓



村田にメールを送る。 ask%tsuiteru.jp (%を@に変えてお送りください。)