230 おこってどうする2 230 おこってどうする2



さて、前回、「割合」がわからなくて、
いちいち私に聞いてくる人に対して、
イライラしてしまったことを書きました。

できないものはできないので、
できるようにしていけばいいだけ。

知らないものは、知らないので、
知ればいいだけ。

できないこと、知らないことについて、
腹を立てたり、怒ってしまう。

そのことで、余計なつまづきのもとを
さらに作ってしまうことになります。

わたしも、書いていて気をつけねばと反省。



さて、「勉強の技術」を使った指導を
長野県で小学生、中学生に対して行い、
非常によい結果を出している方から
メールをいただきました。




 今週、奇遇にもメルマガで話題の
 「割合」「%」で行き詰まっている5年生の、
 勉強指導をする事になって、
 1時間半ほど単語クリアー(注1)と
 デモキット(注2)の適用をしました。


    苦手でいやだぁ? わけがわからない???


 と顔もつぶれ、あくびはジャカスカ出る状況でした。

 デモキットは、約100個のペットボトルのキャップを使用。
 (普段から集めて使っていますが・・)
 教科書内の単語でわからない単語


   「割合」
   「果汁20%」
   「微炭酸」
   「当たる」
   「歩合」


 などなどの言葉の意味を辞書で
 調べ、例文を作り、
 デモによって、実際のモノと割合との関連を把握し、
 理解に至りました。


    え???っ! こんなに簡単なの?
    学校のやり方じゃわからない・・・
    辞書を算数で使うなんて今までない・・・


 とスッキリして笑顔。


 お母さんの迎えに、にこにこして行くと、
 お母さん曰く 


    顔つきが全く違いますね・・・
    こんなことあるのですか?
    妹もお願いしたいです。


 と おしゃって帰られました。

 辞書への関心も高め、
 デモ使いに興味も持って、
 次回は「理科」「社会」などにも挑戦したいと
 意欲的になって帰っていきました。

 子供が晴れ晴れとした顔つきになるのは、
 見ていてしあわせな気分になりますね。



注1 単語クリアー:勉強の3つの壁のひとつである、
          「誤解語」を見つけて理解するための方法

注2 デモキット:勉強の3つの壁のひとつの
         「実物がない」にぶつかったときの対処につかう道具



できないこと、わからないことは、
理解できない本当の原因をみつけて
それを解決すれば、いいだけ。

おこる必要はまったくありませんね。




滅びた動物
殿堂入り まぐまぐ殿堂入りメールマガジン

勉強ができないのは、やり方を知らないからだ!勉強ができないのは、やり方を知らないからだ!

記憶しただけで、わかっていると思いこむ。
わかってると思って、それ以上学ばない。
それで、結局実践できるまでにならない。
数々の壁を通り抜け、
何かを理解して実践するための勉強法。

まぐまぐさんより配信。無料。
メールアドレス:
taku150.jpg(32447 byte) 運営者 村田拓

たまにぶつぶつ言ってます。よかったらどうぞ。 follow me

村田にメールを送る。 ask%tsuiteru.jp (%を@に変えてお送りください。)