146 なに言ってんだこいつ? 2 手抜き女の誤解



  知人の女性が、仕事で不満があるようで、
  話を聞いていました。


    報告用の書類、手抜きしたら、
    上司にそれじゃだめだと怒られた。

    そんなのいいじゃないの。


  という愚痴というか、
  自分勝手な主張に聞こえる言葉。


    それで給料もらってんのに、
    手をぬいちゃダメだろ!
    なにを考えてるんだ!


  と自分も怒りそうになる前に、
  ちょっとこらえて聞いてみました。



    そんなのいいじゃないのって、なにがいいわけ?



    毎日、お客さんごとにそれぞれ報告書を
    書かなくてはいけなくて、
    書く項目がいくつもあるんだけど、
    毎回同じことを書かなくちゃいけないところが
    いくつもあるの。

    で、いちいち書くのは面倒だし、
    それは必要ないと思ったから、
    省略して書いたの。

    ここの会社は、不必要なことが多いのよ。



  まあ、彼女の仕事について、
  詳しくは知らないのですが、
  言っていることは、わかります。

  で、状況がわかったわたしは彼女に
  「手抜き」という単語を辞書で調べさせました。


  手抜き:作業で、当然しなければならない手順のいくつかを省くこと。


  調べて「手抜き」の定義を理解して
  彼女は、自分がしたことが、
  実は「手抜き」ではなかったことに気づきました。

  さらに関係のない私に文句を言うんじゃなくて、
  上司に報告書の不必要な部分をなくすように、
  提案すればいいんだわ!

  と気づいたのでした。



  彼女は「手抜き」という誤解語を、
  正しく理解しました。

  その結果、文句を言うのではなく、
  上司に改善策を提案するという
  生産的な行動が生まれたのでした。




関連リンク