141 理科系が苦手ですか?


  昨日の夜明け前、
  雷の音と光で目が覚めました。

  ベランダに出て外を見ると、
  土砂降りの雨。

  雲がぼんやり光っていて、
  3回、地面に向けて電気が流れるのが見えました。

  わたしは雷とか土砂降りとか、
  昔から大好きで、ワクワクドキドキしてました。


  古本屋で300円で手に入れた
  → 学研の図鑑「電気」

  の中の雷の写真と、仕組みの図解を思い出します。


  この図鑑、理科系の勉強をあまりしてこなかったか、
  不得意だったかたに対して、
  「電気」関連の用語を理解してもらうのに重宝しています。

  「電気」を理解しようとすると、
  「電子」やら「原子」
  などなど、関連する用語をいくつか調べる必要がでてきたりします。

  で、よくありがちなのが、辞書や参考書の説明を読んで、
  その「科学用語」を頭だけでわかったつもりになっていることです。

  その「科学用語」が示している内容と現実の身の回りの世界との
  関係について想像もつかなくて、
  考えようとしてもできないかたがときどきいらっしゃいます。

  そういったとき、わたしは図鑑で「電気」やら「電子」が使われたり、
  存在している例をみていただきます。

  頭上の蛍光灯が、「電子」の流れである「電気」で光ってること、
  雷も同じだってことに、気づいて

    そうだったんだ!

  とうれしそうにびっくりする様子は、
  見ていて気持ちのよいものです。


  理解してしまえば、
  「科学」に対しても、
  「雷」に対しても
  不必要な恐怖を感じなくてすみます。



  このあたりの科学用語など、苦手だったり、よくわからないけど、
  理解したい!

  と言うかたで、東京の練馬、もしくは池袋まで出てこられるかた。

  メールください。

  → ask@tsuiteru.jp




関連リンク