138 敬語はむずかしい? 敬語をマスターするために 2


  わたしは、若い頃、
  敬語を使うことに反発する気持ちを持っていた。

  それはわたしが、
  「丁寧」という言葉の意味を正確に十分に知らなかったせい。

  と先週の特集で書きました。


  意味を十分に知らなかったために、
  限られた使い方しか知らなかったのです。


   丁寧(ていねい)

      1.相手を思いやって礼儀正しいこと。
      2.細かいところまでよく気をつけて、心をこめてすること。

  福武国語辞典より


  この定義自体は、以前から知っていました。

  いくつか国語辞典をみてみましたが、
  だいたい同じような内容の定義がのっています。


  でも、それだけではないんです。



  若い頃のバイト先でのことです。


    たくちゃーん なによー やーねー。いじわる!


  みたいな口の利き方を普段から
  私に対してしていた女性がいました。

  それがある時、


    村田さん。時間なんで、休憩入ってください。


  と、いきなり丁寧語。

  なんか冷たい。


    なにか気に障ることをしちゃったのか!?

    おれの悪事がバレたのかな!?
    あれかな?これかな?
    うわあああーまずいーーーーー。


  とわたしは頭から血の気が失せてくらくらしてきます。

  いつも二杯はおかわりするまかないのカレーも、
  まったくのどを通りませんでした。




  言葉遣いだけをみて、丁寧語だから、
  私を思いやって礼儀正しくしている。
  と判断するのは大きな間違いです。

  でも、そんなことは、
  国語の時間には教わりませんでした。


  前回紹介した、

  橋本治氏による

   → 「ちゃんと話すための敬語の本」



  を読んで、
  その女性はわたしとは距離を置きたかったわけで、
  非常に適切で効果的な言葉遣いをしていたと、
  最近、改めて気づかされたのでした。




関連リンク