129 バカは脳のせい!?129 バカは脳のせい!?



さて、先日喫茶店に置いてあった新聞を読んでいたら、

「バカはなおせる!」

の文字が目に入ってきました。

一面下部の本の広告。


先週あたりから、わたしは

「バカがなおった!」

とか書いています。

似たようなことを書かれて、


  おうおう!どうやってなおすんだよ!?

  なおしてもらおうじゃねえか


と、けんかを売られている気分になってきたので、
書店でその本を見てみました。




それは、一行に要約すれば、

バカは脳のせいで、脳をなんとかすれば、バカは直せる。

という内容の本でした。




  がんばるぞー


と気合いを入れて、机の前に座って参考書を開きます。

でも数分後には意識がなくなっている。

ボーっとして考えることができません。

無理して、読もうとしても眠気が襲ってきて、
気がつくと1時間たっていたりします。

読んだことなんか、当然覚えちゃいません。


こうなってしまうのは、
脳が機能していないせいだ。

オレはバカなんだー!

とわたしは高校生の頃、思っていました。


だったらどうすればいいのでしょうか?





勉強をしているときに、
さまざまな反応が起こることがあります。


いらいらする。

頭痛がする。

ボーっとする。

読んだことがぜんぜん頭に入っていない。

こんな事やってられるかと、腹が立つ。


などなど他にもたくさんあります。


こういった現象を脳の状態によって説明して
解決策を探し出そうとしている方が、
いらっしゃいます。

でも、今のわたしは、

問題なのは、「脳」ではなくて、
勉強していることを理解しているかどうか?

だと思っています。

実際、自分自身だけではなく、
他の人が上記のような状態になったときに、
「勉強の技術」を使って、対処してきました。


頭痛がして顔をしかめていた人が、
わたしの目の前で、

  あれっ!?なおってる!?


さっきまで、

  なんだあいつは!いい加減にしろ!

と、ガーガー文句を言っていた人に、
誤解語を見つけさせて理解させたとたん、

  悪かったね。勉強に戻るよ。

と、何事もなかったようになっている。


こんな事例はいくらでもあります。
実際に経験してきました。


勉強していく上で起こるさまざまな反応を処理して
何かを理解していくための方法が、
わたしが紹介している「勉強の技術」です。


「脳」を気にする必要はありませんでした。


あなたは、「脳」のせいだと思っていたりしませんか?




滅びた動物
殿堂入り まぐまぐ殿堂入りメールマガジン

勉強ができないのは、やり方を知らないからだ!勉強ができないのは、やり方を知らないからだ!

記憶しただけで、わかっていると思いこむ。
わかってると思って、それ以上学ばない。
それで、結局実践できるまでにならない。
数々の壁を通り抜け、
何かを理解して実践するための勉強法。

まぐまぐさんより配信。無料。
メールアドレス:
taku150.jpg(32447 byte) 運営者 村田拓

たまにぶつぶつ言ってます。よかったらどうぞ。 follow me

村田にメールを送る。 ask%tsuiteru.jp (%を@に変えてお送りください。)