125 なんであの人は融通が利かないのか?



  どこかで聞いた話。


  ある女性、料理の途中で止まっています。

  なんで止まっているのか聞いたところ、
  白砂糖がないのだそうです。

  たしかに作り方の本には白砂糖小さじ一杯と書いてある。


  少々の甘みをつけるのが目的なのだから、
  ブラウンシュガーでも蜂蜜でも
  あるものを入れておけばいいのに
  それは思いつきもしないそうです。



  MOUS
  (Microsoft社が認定している資格の一つ。
   同社のオフィスソフト「Microsoft Office」の活用能力を認定するもの)

  の資格を持っているという新入社員。

  事務所のPC(パソコン)の前で固まっています。


    このPCは使えません。

    なんで?

    デスクトップ(パソコンの操作画面)に何も表示されていません。

    だからなに???


  デスクトップにアイコン
  (パソコンの操作画面で操作内容や対象を小さな絵で表したもの)
  で表示されてないと、
  エクセル(表計算ソフト)が入っていないことになってしまうようです。



  試験では良い成績をとったり、
  資格を持っていたりします。

  参考資料や教科書に書いてあることを
  そのまま行うことはできます。

  でも、少し違う状況があると、
  とたんに身動きがとれなくなります。

  ときどきこういうかたがいらっしゃいます。

  いったい何が起こっているのでしょうか?


  本当の意味で学んだことを理解していないのです。

  また、実際に使うことを目的にして勉強していない
  ことも考えられます。


  「勉強の技術」を使っていくことで、は何かを理解して、
  実際に生活、仕事、人生で使っていくことができるようになります。




  「勉強の技術」を学ばれたかたから、
  下記のような感想をいただきました。




  本には勇気づけられました。
  誤解語、自分勝手な思い込みなどの修正、
  理解が大切なのがわかりました。

  先入観を持ちすぎると、
  あらぬ妄想をしてしまい、
  やれる事がいつまでも出来なかったりしてしまいます。

  現在今までの職種と異なる職種に就くため、
  資格試験を取ってまいりました。

  テキスト本のぶ厚さとページにびっしりと
  難解そうな単語が並んでいるのを目の当たりにすると
  いつまでも部屋のオブジェと化してしまいます。

  本と仲良くなるために誤解語の理解をしていくと
  (時間は掛かりますが)
  何か急に開けたような感じを受けました 。

  するとスピードも上がってくるものなのですね。
  感謝しております。 K.H 様



  「学び方が分かる本」教えてくださってありがとうございました。
  今まで辞書を使うことはほとんどなく、辞書で調べるにも
  単語だけを調べ、次に意味を調べて終わってしまっていました。

  この勉強を始めた時は、
  こんな本文なら大丈夫と簡単に考えていたけれど、
  実際やってみると本当に奥が深く思ったより時間がかかり、
  途中いやになりかけたこともあったけれど、
  今まで見えてなかったものが見えてきました。

  今日からは自分自身にも子供にも、
  今までと違う学びで正しく理解できる様に
  活用していきたいです。

  まだまだ学ぶ事がある人生の中で、
  まず初めにやるべき事を学ばせてもらえた様な気がします。

             K様


  なにかを学んで、実際に何かができるようになって、
  その身につけた知識と技術で人生を切り開いていけるとしたら、
  いかがですか?

               村田 拓






関連リンク