124 理屈をこねて逃げ出そうとする生徒の対処法



    アメリカに用はないから英語を勉強する必要がない。


  ある生徒さんが言ってきます。

  「勉強の技術」を知らない以前のわたしは、
  反論して理屈で説得しようとしていました。


    英語は現状、世界共通語で、
    インドがどうのこうで、
    だから英語はやっといた方がいい。


  それに対して、さらにいろんな反論が返ってきたりします。

  勉強に戻すまでに、長い時間と労力がかかります。

  なんとか、勉強を再開させられたとしても、
  結局は本人のやる気は回復していません。


    なんでか?


  本当の原因が見つけられてないからです。
   


  「学び方がわかる本」を購入し役立たせてくださっている塾の先生、
  たいちょさんからメールをいただきました。


  -----------------------------------------------------------

  塾で生徒に教えていてよくあるのが、

  「数学なんて何の意味があるの?」
  「オレ、将来海外にいかないから、英語勉強しなくてもいい」

  という疑問。

  でも、これって必ず行き詰ったときに言うんです。

  そんな時に感じるのは、段階の飛び越しと誤解語です。
  まともに答えても、理屈こねこね合戦になるので、

  「どこが分からないの?」

  と聞きます。すると、

  「うん、ここが分からない」

  と、素直に勉強に戻る子がほとんどです。

  おかしくってしようがないです。


  -----------------------------------------------------------


  問題が起こった本当の原因を見つけられれば、
  一瞬で問題は解決できます。

  たいちょさんは見つけていますね。


→ 「勉強の技術」の本


               村田 拓

関連リンク