044 勉強について



  ゆみ:わたし、勉強しないし、教育とか勉強とか興味ないです。


たくちん:あーそう。でもゆみちゃん、仕事してるよね。
     何の仕事してるって言ってたっけ?    


  ゆみ:えー、レストランでウェイトレス。


たくちん:そうか。まえさー、
     覚えがわるい人がいて大変なのとか言ってたよね?


  ゆみ:そうなの。バイトにやり方教えるんだけど、
     すぐにできない人がいるの。


たくちん:ゆみちゃん、仕事おしえてんだよね。


  ゆみ:えー、おしえてますけどー   。 
     わたしこう見えても、
     仕事中はしっかりしてるんですよ。
  

たくちん:じゃあ、ちょっとこの定義見てみて。

  
  ゆみ:そこで、「教育」の定義を読ませます。



     【教育】:知識や技術を伝える活動。またその伝えたもの。



  「学び方が分かる本」にあるやり方にしたがって、
  「教育」という単語を理解して
  使えるようにさせます。 



  ゆみ:えー、じゃあ、仕事をおしえるのも教育なの?!
     えー、わたし、学校でやるのが教育だと思ってた!
     誤解してた。教育大事じゃん。



  次に、「勉強」の辞書にある定義を読ませます。

     【勉強】1.知識や技術を学んだり、経験や試練を重ねたりすること。
         2.商品を値引きして売ること

  
  これも、「学び方が分かる本」にあるやり方にしたがって、
  「勉強」という単語を理解して
  使えるようにさせます。 



  ゆみ:じゃあ、わたしが仕事を教わっておぼえたのも「勉強」じゃん
     わたし、学校でやるのが勉強だと思ってた。
     勉強大事じゃん。



  
  ゆみちゃんは、勉強嫌いでした。


  でも、辞書を用いて、「勉強」という単語の意味を理解して、
  勉強好きになりました。
  いろんなことをもっともっと
  知ろうと言う気持ちになりました。


  これにかかった時間は十分くらいでした。
  わずかな時間で、彼女は「勉強」に対する態度が
  大きく変わったのでした。




  何かの知識と技術を身につけて、
  何かができるようになる。
  そうして、社会の中で、
  身につけた技術を使って、
  人生を切り開いていく。


  そういう勉強をしていきたいし、
  みなさんにもしていってほしいと
  わたしは思っています。




関連リンク