030 誤解語は探し出す必要がある


 
  生徒がつまっているのを解決した一例。


  教材を前にして、生徒がぼーっとしてます。

  生徒に、今読んでいるところより前のところで、
  誤解語を探させます。
  でも、たいてい生徒はいろんなことを言います。


    「誤解語じゃないと思うんですけど。」

    「ちょっと気分転換に一服してきたい。」

    「勉強つまんない。」

    「こんなことわかってます。わからない訳じゃないです。」


  でもわたしは、誤解語を探させます。
  生徒が、あまりにもボーっとしすぎているときは、
  しつこくつっこんで聞いていきます。


たくちん:「で、どこまで調子よくやっていたの?」


  しばらく聞いていると、最後にはなにかがでてきます。


 生徒: 「銀河系なんて大嫌い。
      なんで、ここに銀河系が出てくんの。
      あーもうや。
      帰っていいですか?」

 
たくちん:「ふーん、でなんで銀河系嫌いなの?」


 生徒: 「え?」


たくちん:「何で嫌いなの?銀河系。」



 生徒: 「嫌いに決まってるでしょ。あんなの人間の食べ物じゃないよ。」

たくちん:「え?食べ物?!」

 生徒: 「子供の時、銀河系おやつよく食べさせられたんだけど
      ちょーまずいんだよね。
      食べないと怒られるし、晩御飯ぬきにされるし、
      なぐられるし、・・・」



  いくらわけがわからなくても、わたしは何も言いません。
  生徒が落ち着くまで、ただ話を聞きだします。


  その上で、辞書で「銀河系」を調べさせました。

  すると、


 生徒:「なんだ!?そうだったのか?!
     銀河系って星の集まりのことなんだ。」



  他にも、教材の中ではなくて、
  昨日の会社での研修中にでてきた、
  業界用語がわからなくて、
  それ以降ボーっとしたまんまだった。

  なんてことに、生徒が気がついたりします。
  
  で、それが見つかると、生徒の意識は突然はっきりします。




  ひとが、どこでどういうふうに単語を誤解しているか、
  実際に話を聞いてみないと、わかりません。





  「基礎からわかる勉強の技術」をお持ちのかたは、

  「メソッド3単語クリアー」の章をごらんになって下さい。
  誤解語の見つけ出し方がでています。


  あと、単語の誤解の仕方は全部で10通りに分類できます。
  これは、「学び方が分かる本」にあります。
  これを知っておくことで、
  自分や他の人が持っている誤解語を突き止めやすくなります。





関連リンク